無料ブログはココログ

« 高知県の爬虫類化石? | トップページ | SDGsと地質館 »

2022年6月30日 (木)

特別展:腕足動物の世界

世界の海には、「二枚貝と同じような生活をしていて、二枚貝にそっくりだけど、実は二枚貝ではない動物」が昔から住んでいます。腕足動物といわれています。

鳥とコウモリ、イルカと魚など、生き物は住んでいる環境が同じだと、似た姿に進化することがあります。二枚貝と腕足動物の関係もこれにあたります。果たして二枚貝と腕足動物はどこが違うのか?どのような化石がでているのか?こういったことにせまる特別展を、この夏休みから佐川地質館で開催します。

特別展については、詳しくはこちらをご覧ください。

二枚貝もそうですが、腕足動物も生き物としては地味な部類になるので、あまりなじみのない生き物だとおもいます。この特別展を通して、生き物の多様性や進化の不思議に迫っていただければ幸いです。

Img_1864
準備中の展示パネル



« 高知県の爬虫類化石? | トップページ | SDGsと地質館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高知県の爬虫類化石? | トップページ | SDGsと地質館 »