無料ブログはココログ

« 牧野富太郎の手紙 | トップページ | 読書コーナー更新しました »

2022年2月17日 (木)

陸の雪、海の雪

久しぶりに佐川町でも雪が積もりました。

Img_1320

 

この雪は、かつて「海の雪」と呼ばれたものの上に積もっています。

「海の雪」こと「マリンスノー」は、生き物の死骸が海底に降り積もる様を表現したものですが、この死骸の中には、放散虫というプランクトンの殻が混じっています。ある程度海が深くなると、他のプランクトンの死骸は溶けてしまって、珪素でできた放散虫の殻のみが降り積るようになります。

 

Img_1317

土佐湾に沈む放散虫(右側)

 

この殻が堆積してできた岩をチャートといいます。最初の写真で、雪が積もっている岩が、芸西村から運んできたチャートで、かつてのマリンスノーです。

チャートは、本来は無色ですが、それだけに中に不純物が混ざると、さまざまな色になります。芸西村のチャートは黒っぽいですが、さまざまな場所で堆積したチャートが流れ着く仁淀川の河原や桂浜には、色とりどりなチャートが並んでいます。

 実際に海の中でマリンスノーを楽しむのはなかなかハードルが高いですが、仁淀川や桂浜では、マリンスノーが私たちの目を今でも気軽に楽しませてくれているのです。

特に今日なら、陸の雪と一緒に楽しめますよ!

Img_1300

地質館の展示。右上側が吉野川の河原、左上側が仁淀川の河原の石を並べたもの。仁淀川の河原がカラフルなのがわかります。

 

« 牧野富太郎の手紙 | トップページ | 読書コーナー更新しました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牧野富太郎の手紙 | トップページ | 読書コーナー更新しました »