無料ブログはココログ

« 巡るカルシウム | トップページ | 古代魚アロワナがきました »

2022年1月18日 (火)

トンガの海底火山

南太平洋のトンガ近海で起こった大噴火。

高温のマグマが水蒸気爆発も引き起こすことで、稀に見る大規模な爆発となったようです。

日本でもこれまでにないメカニズムで津波が発生し、高知でも漁船に被害が出てしまいました。

 

火山の爆発は困ったものですが、実は私たちの足元にも海底火山の跡が残っています。

海底に噴火したマグマが固まってできた枕状溶岩は、高知県のさまざまな場所で見られますし、

四国カルストやナウマンカルストの石灰岩も、海底火山の上に発達した珊瑚礁がもとになっています。

こういった海底火山の跡を踏みしめつつ、今回の災害で被害に遭われた方々の一日も早い復興をお祈りしています。

 

Img_e12231

地質館中庭の枕状溶岩。マグマが海底に出てきた時に周りの海水で急冷されて枕のような形で固まったものです。

« 巡るカルシウム | トップページ | 古代魚アロワナがきました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 巡るカルシウム | トップページ | 古代魚アロワナがきました »