無料ブログはココログ

« メタセコイヤ | トップページ | 白亜紀の注連縄飾 »

2021年12月22日 (水)

佐川地質館最古の標本

佐川地質館で最も古い標本は、なんでしょうか。

公開している化石としては、およそ20億年前のストロマトライトや、縞状鉄鉱が最も古い標本となります。

Sgm89

縞状鉄鉱

Sgm6031

ストロマトライト

また、未公開資料ですが、太陽系が生まれてまもない、46億年前頃に発生したコンドライト隕石も収蔵されています。

Sgm300

そして、2億年前のダオネラ(貝化石)もある意味最も古い標本です。

Img_11571

20億年や46億年前に比べると2億年前なんてそんなに古いとは思えませんが(感覚麻痺)、注目してほしいのはその採集年月日。

この標本、なんと採集されたのは大正3年(1914年)8月6日。ナウマンが佐川を訪れてから、およそ30年後です。

この時代から、すでに化石の採集・保管が行われていたのですね。

« メタセコイヤ | トップページ | 白亜紀の注連縄飾 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メタセコイヤ | トップページ | 白亜紀の注連縄飾 »