無料ブログはココログ

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月18日 (木)

発掘体験のお知らせ

11月28日(日)10:00〜12:00 川内ガ谷で発掘体験を実施します。

ご予約はお電話(0889-22-5500)でどうぞ。

 

2021年11月14日 (日)

すべらない砂甲子園 第3回戦 「モヤモヤが止まらないけど、この企画の巻」

佐川地質館の化石の砂がエントリーしている、『すべらない砂甲子園』が更新されました。

 

今回の佐川地質館の砂の対戦相手は、大分県代表「血の池地獄の泥」。

温泉で有名な大分県別府市には、温泉の作り出した「別府の地獄」と呼ばれる国の名勝があります。その中の血のように真っ赤な池、「血の池地獄」の泥が、滑らない砂にエントリーしています。血の池地獄は、1300年以上前から赤湯泉として知られ、またこの赤い熱泥は、昔から薬や染料として利用されてきており、身近で役に立つ存在でもありました。

 

2021年11月12日 (金)

星の王子様と博物館

サン=テグジュペリの「星の王子様」は、不思議な本です。

私が子供の頃に読んだ時は、「世の中にはおかしな人がいるな」という感想だけでしたが、大人になって読み返すと、自分がその「変な」大人なのではないかという気になり、また自分にとってのバラやキツネに思いを馳せる…さまざまな年齢のいろいろな経験を持った人にそれぞれの感想を抱かせる、これが名著とされている所以なのでしょう。

博物館も、また「星の王子様」のような場所です。

昔の生き物を図鑑で見たことがある保育園児、学校で地層について学び始めた小学生、卒論で化石について調べる大学生など、地質館を訪れる人のバックグラウンドはさまざまですが、それだけにそれぞれが展示について持つ感想も異なります。

これを読んでいる方にも、社会人の方が多いと思いますが、また子供のときに一度行ったきりの博物館を巡られてみてはいかがでしょうか。きっと違う感想をお持ちになることと思います。

2021年11月 5日 (金)

『すべらない砂甲子園』第十九話「えっ、表情見えないんですか?の巻」

佐川地質館の化石発見用の化石の砂岩起源の砂がエントリーしている、『すべらない砂甲子園』が更新されました。

今回の佐川地質館の砂の対戦相手は、奈良県代表「純粋ガーネットサンド」。1回戦に続いてのガーネットサンド(静岡県代表)との対戦になりました。
奈良県香芝市の竹田川では、古くよりガーネット混じりの砂が採られていました。研磨砂や紙やすりに付ける砂として利用されていたそうです。前回のガーネットサンドよりもひと工夫加えらえれており、竹田川の砂からもともと硬いガーネットのみを取り出すことで、さらに滑らなくすることを狙った砂です。
果たして対戦の結果はどうなったのでしょうか?

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »