2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ここにいる☆ | トップページ | 冬の灯もし火 »

2013年1月23日 (水)

参伍拾伍

03010100dscf3206

晴天の太陽 まぶしいっス!!

皆さん こんにちは☆

しばらくご無沙汰でしたが

いかがお過ごしですか?

一応、先週もブログをUPするつもりでしたが

記事が全部消えてしまいました・・・_| ̄|○

気がついたんですが

ここ、地質館ブログなのに

あんまり化石ネタがないので

(行事報告以外で。)

そろそろ

そんなお話も

書いてみようかな

というわけで、

今日は展示物の紹介です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

03010100dscf3210_3

写真は

新しく展示される予定の化石です。

約3億年前のサンゴ化石になります。

正式名称は

デュラミナ・ハシモトイ

暗赤色に美しく色づいているため

昔から

飾り石や、帯留、タイピンなどの

装飾品として加工されてきました。

通称 「山サンゴ」と呼ばれ

水石マニアや化石コレクターには

よだれが出るほど(?)

人気があり、

その正体はというと、

ペルム紀に赤道付近の海山周辺に生息していた

樹状サンゴなのです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

新しく・・・

と言いましたが

実は山サンゴを

すでに何点か展示してあるので

”追加”といった方が正しいのかも。

以上、化石紹介でした。

« ここにいる☆ | トップページ | 冬の灯もし火 »

化石・鉱物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 参伍拾伍:

« ここにいる☆ | トップページ | 冬の灯もし火 »