無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

冬の灯もし火

03010100dscf3224_2

夕暮れに”ポッポー”と鳴いている鳩さん☆

皆さん こんにちは♪

最近、近くのススキ畑が刈り取られて

そこで暮らしていた大量のスズメさん達に

新たなねぐらとして目をつけられている、佐川地質館です☆

そのさえずりたるや、耳を見張るものがあります。

バードだけにハード!なんちゃって・・・

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

さて、今年も冬の小さな風物詩の到来です☆

03010100dscf3231_2

バイカオウレンです。

冬の寒い時期(1月から2月)に咲く

2cmぐらいの白く可憐な花です。

毎年ご紹介しているので

詳細は省きますが、

詳しく知りたい方は

過去記事をご覧になってくださいませ♪

(自然・動物・植物のカテゴリーにあります。)

今は3輪咲いておりますよ。

地質館の中庭で

ひっそりと咲いておりますので

生でご覧になりたい方は

ぜひ

地質館までどうぞ~

日陰を好むので

庭の隅っこの木陰に下の方にありますが

名札を立ててありますので

すぐに分かると思います。

ちなみにその名札、

猫にかまれて、ガジガジになっています。

うまいんかな~?

ちゃんちゃん

2013年1月23日 (水)

参伍拾伍

03010100dscf3206

晴天の太陽 まぶしいっス!!

皆さん こんにちは☆

しばらくご無沙汰でしたが

いかがお過ごしですか?

一応、先週もブログをUPするつもりでしたが

記事が全部消えてしまいました・・・_| ̄|○

気がついたんですが

ここ、地質館ブログなのに

あんまり化石ネタがないので

(行事報告以外で。)

そろそろ

そんなお話も

書いてみようかな

というわけで、

今日は展示物の紹介です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

03010100dscf3210_3

写真は

新しく展示される予定の化石です。

約3億年前のサンゴ化石になります。

正式名称は

デュラミナ・ハシモトイ

暗赤色に美しく色づいているため

昔から

飾り石や、帯留、タイピンなどの

装飾品として加工されてきました。

通称 「山サンゴ」と呼ばれ

水石マニアや化石コレクターには

よだれが出るほど(?)

人気があり、

その正体はというと、

ペルム紀に赤道付近の海山周辺に生息していた

樹状サンゴなのです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

新しく・・・

と言いましたが

実は山サンゴを

すでに何点か展示してあるので

”追加”といった方が正しいのかも。

以上、化石紹介でした。

2013年1月11日 (金)

ここにいる☆

Dscf3205

「何かご用かニャ?」

(↑地質館で雨宿り中の子猫をこっそり撮影、、、が、見つかっちゃった

皆さん こんにちは!

ここ最近、一日まるっと晴天が多く

今日も気持ちのよい青空が広がっておりますが

皆さんのところはいかがでしょうか?

さて、今日は

ちょっと宇宙っぽいことを

思い切って書いてみようと思います

ムズムズしても

そこは平にご容赦あ~れ~。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

以前のブログに書いたんですが、

物質って動いていないように見えても、原子の世界で見ると

必ず振動しています。

イスとか、机とか、そこにあって止まっているように見えますけど

ミクロの世界では、動いているんです。

これは科学的にも証明されていると思うのですが、

物質は、振動するエネルギーなんです。

しかも、ゆっくり振動しているエネルギーです。

ほんでもって、ギュウギュウ詰まっている状態、

密度が高いのです。

つまり物質とは、ゆっくり振動する、高密度のエネルギーなんです。

で、

ここからが本題なんですが

物質の振動が早~くなって、密度がうす~くなっちゃったら

どうなると思います?

・・・・・・

はい。

実は

見えなくなっちゃうんですよ!!

人間には。

人間が物質として見える範囲って決まってるんです。

だからある一定の許容範囲を超えちゃうと

物質として捕らえられなくなってしまうんですね。

あ、逆に言うと

ある一定の振動数と密度を持ったエネルギーを、

人間が物質として認識しているだけなんです。

う~ん。

あれと一緒!

そう、音!

単位はヘルツ。

一定のヘルツ数より高くなったら、音は鳴っていても

人間の耳には聞こえなくなります。

超音波と呼ばれる領域ですね。

(コウモリには聞こえている。)

つまり

そこには存在するんだけど

人間の耳には聞こえなかったり、目には見えないってだけなんです。

・・・

そして

これが私の言いたかったことなんですが

(長かった

今この瞬間にも

私たちの周りには、

実は、色んな存在がたくさんいるんだと思います。

でも

住んでいる周波数帯が違うので

人間が認識できないだけだと思います。

そこにいてもね。

三次元と別次元と言いかえてもいいのかも。

現在、人間を含めて地球全体が、軽~いエネルギー状態への

進化の途中らしいので、

宇宙人、どこかにいないかな~?

って

探査機を飛ばしっぱなしにしなくても

人間がそのエネルギー状態にまで成長したらば

(つまり高振動・薄密度状態に近づくということ。)

ここにいながら

彼らと自然と会うことになるんじゃないかな

というか

そばにいることに気がつくというか。

あ、宇宙人に限らないけど。

そんな感じ

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ってこんなこと

この科学的な(?)ブログに書いていいかどうか

わかんないけど

何か書いてみました。

新しい年を迎えたので

色んな視点で物事を見ていくのも、ありですよね~

ほんでもって

宇宙系は

私のフェイバリットネタです

では

また次回お会いしましょう☆

 

2013年1月 5日 (土)

心を添えて・・・

Dscf2511

穏やかな空~(今日は曇りだけど☆)

明けましておめでとうございます

2013年

今年もどうぞよろしくお願い致します

今年私は、「年賀か・・・まぁ出さなくてもいいかな♪」

という気軽な感じでいたのですが

いざ届いたお年賀を見ると

懐かしい友の顔や近況がとっても嬉しく思えて、

大学で出会った友や、海外で仲良くなった友、小中学校からの友など

皆遠くに住んでいて中々会う機会が少ないけれど

それぞれが自分の人生を歩んでいて

いまだにこうしてご縁が続いていることに

とても暖かい気持ちになりまして。

年賀もなかなかいいねぇ

と、そのよさを改めて感じたので

ただ今、せっせせっせとお年賀(お返事)を書いておる次第なのです。

(遅いって?

皆さんはいかがですか。

形式的な年賀は不必要だけど、

気持ちが乗っている年賀は

とても意味のあるものとなると思いますよ。

思いは伝わりますので

是非、手書きで。

もしくは、一筆添えられてみてはいかがでしょうか。

あ、来年度の分にね!

では、

改めまして

今年も「佐川地質館」と「職員一同」をどうぞ宜しくお願い致します

深ぶか~m(_ _)m

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »