2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 冬と水分と私 | トップページ | 素敵プライス »

2012年1月20日 (金)

アメ『ジ』ストじゃないよ

03010100dscf2648

:**:世界は朝もやと共に始まる・・・:**:

皆さん こんにちは☆

今日の午前中は雨が降っていましたが、

午後からは晴れて、

地質館の事務所にも日光がサンサンと降り注いでおります

さて、今日は

新しい商品のお披露目も兼ねて

鉱物ネタを書いてみたいと思います。

~~『水晶』について~~です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

アメシスト(amethyst)は、水晶の一種で

紫色のものを指します。

二月の誕生石としても知られており、

比較的リーズナブルな価格で手に入る宝石です。

人を魅了する美しい紫色

その発色の原因は鉄分にあります。

その気高い色からも分かりますが、

アメシストは

人の精神性に働きかけ、

『慈しみ』や『精神安定』、『安らぎ』、『内観』

などをもたらす、と言われています。

紫以外にも色んな色の水晶がありますが、

その中でも黄色い水晶のことを、

シトリン(citrine)と呼びます。

11月の誕生石で、

黄色、というよりはむしろ褐色に近いものが多く、

南米が主な産地となっています。

実は

クリアな水晶やアメシストが熱変性を受けると

色がから黄色に変わり

なんとびっくり!

シトリンになっちゃうのですが、

天然のシトリンはなかなか少ないために、

市場には

それを人工的に作った(放射線で熱処理をした)

シトリンが出回っているそうです

ちなみにシトリンは

その色から

太陽や金の象徴で

『商売繁盛』や『富』、『希望』、『積極性』

を与えてくれる石、とされています。

また、自然に加熱されたアメシストが

シトリンに変化したものの中で、

アメシストのとシトリンのバランスが美しく表れている物は

『アメトリン』と呼ばれ

非常に珍しく、大変人気があります。

そんな素敵なアメシストの指輪を始め、

たくさんの一点物の商品が並んでおりますので

(すでに何点かはお嫁に行きました~

ぜひぜひ見に来て下さいね

03010100dscf2668_2

アメシストの両側が褐色に変化しているのが分かりますか?

(一部がシトリンになっています。)

このリングは石の形を生かした作りとなっており、

粒が直径2cm超ぐらいあるんですよ~

存在感があって、素敵でしょ

« 冬と水分と私 | トップページ | 素敵プライス »

化石・鉱物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメ『ジ』ストじゃないよ:

« 冬と水分と私 | トップページ | 素敵プライス »