2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 地質館の秋 | トップページ | 昼間の訪問者 »

2011年10月 2日 (日)

誕生石について2

110924_063901

気持ちのよい朝、美しい日の出☆

皆さん こんにちは。

こちらは今日は曇り空ですが

皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか。

さて、昨日から10月に入り

久しぶりに誕生石のお話しでも書いてみようかな~

と思い、綴ってみます

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

10月の誕生石で有名なのは、なんといっても

オパールです。

基盤の石の色は様々ですが、

基本的に半透明から乳白色、黒色をしているものが多く

光を受けると、その上に赤、緑、青などの様々な色(遊色と言います)

が表れる、という美しい石です。

(遊色現象がないものもあります。)

少しウェットな印象があり、日本人がよく好む石なんだそうです。

その中でも最高級のランクにされているものが

ブラックオパールで、

更にその中で、最も価値があるとされているのは

真っ黒な母岩の上に、鮮明な緋色と深紅色が遊色するという

強烈な色合いのものだそうで、

通称”レッドオンブラック”と呼ぶそうです。

(ちなみにブラックオパールの産地は、オーストラリアのみ

となっております。)

そして、なぜ遊色現象が起こるかというと、

石に含まれた5~10%の水の分子が光を受けて分散し、

見る角度によって変化するため、

多彩な色に見えるんだそうです

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

以前私も、日本のオパールの産地と言われる

福島県の宝坂で採れたオパールを頂いた事があり、

一生懸命磨いた事があるのですが、

遊色は表れませんでした

でも、乳白色の色はオパールらしくて綺麗でしたよ

と、いうわけで

10月生まれの方、

お誕生日おめでとうございま~す☆

« 地質館の秋 | トップページ | 昼間の訪問者 »

化石・鉱物」カテゴリの記事

コメント

以前は、自分の誕生石のオパールが、他の誕生石と違って、透明感のあるキラッとした輝きがなくて、あまり好きではありませんでした。でも、モノチスさんのブログを読んで、オパールの遊色現象を知り、好きになりましたー。水の分子が光を受けて分散して遊んでいるなんて素敵ですね!(香)

濱島さん おはようございます。
オパールを好きになってくれてありがとうございます☆
オパールは、宝石の中で唯一水分を含んだ宝石で、
それによって出来る虹色の輝きは、一つ一つが芸術作品のようです。
またブラックオパールは、世界10題宝石に入っておりますから
希少性に置いても、美しさに置いても、素晴らしい石であることには
間違いありません
ま、好みは人それぞれですが。
ブログでは触れませんでしたが、
メキシコオ産のオパールは、オレンジ系やブルー系の透明な石の中に
遊色が表れて、まるで火や水が踊っているような美しさなんですよ
いや~
いつか欲しいですね
誰か買ってくれないかしら

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誕生石について2:

« 地質館の秋 | トップページ | 昼間の訪問者 »