無料ブログはココログ

« エネルギー | トップページ | 地質館の秋 »

2011年9月24日 (土)

110923_170601

黄昏に染まる彼岸花と稲穂

皆さん こんにちは!

こちらは先日の台風以来、すっかり秋の風情になりまして、

朝晩ひんやりとした空気に包まれて、

とても気持ちがいいです(むしろ夜は寒いくらいです。)が、

皆さんの所はいかがですか。

また、季節の変わり目でもありますので、

体調管理にお気を付け下さいね

今日は珍しく早起きをしたので

新鮮な空気を吸いに外に出てみると、

冷たい空気の中、雲が筋状に広がって

朝日に向かって伸びる様子が、すごく幻想的でした。

こんな感じ↓

110924_062101

今日は雲つながりで

もう一つご紹介♪

03010100dscf2553

↑☆彩雲☆

つい先程みつけて思わずパシャ

いいことありそうです♪

おまけにもう一枚ご紹介。

03010100dscf2551

青い丸い光が映り込みました♪

« エネルギー | トップページ | 地質館の秋 »

自然・動物・植物」カテゴリの記事

コメント

モノチスさん今日は!私は先週から明日の火曜日まで遅い夏休みをいただいております。こちらも「暑さ寒さも彼岸まで」といわれているように秋が感じられる今日この頃です。いつも不思議に思うのですが、写真にもあるように、お彼岸の頃前後一週間ぐらいに必ずヒガンバナが咲き誇ります。不思議でなりません。、ヒガンバナの体内時計というか暦は極めて正確と感じています。サクラなどは気温に左右され遅れたり早くなったりしますし、空の雲は高気圧などの科学的な知識で納得できるのですが。自然とは神秘的なものですね。生き物とは偉大ですね。(研)

濱島さん おはようございます。
そうですよね~自然は本当に神秘的で素晴らしいと思います。
毎日見てると、同じように見えるんですけど、
いつの間にかつぼみが出来て花が咲くし、花が散ったら新緑が出てくるし、
かと思えば、葉が黄色になってくるし、そしてそれもいつの間にかなっている。
刻一刻と変化しているんですよね。
謙虚な自然に秘められた、ダイナミックなパワーを感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« エネルギー | トップページ | 地質館の秋 »