2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 生きている化石 | トップページ | 岩にしみいる・・・ »

2011年6月22日 (水)

空っぽ♪

視点が変わるお話第二段をしてみたいと思います。

まず、視点が変わるお話として”動いているけど動いてない”を先に読んで頂けると嬉しいのですが、

物質を作っているものは、大まかに言うと、”原子”や”電子”というものです☆

(詳しく言うと、陽子とか中性子とか、素粒子なんてものが出てきますが

それは今回省きます)

私達の体もこれらで出来ています。

で、これらはどんな風に動いているかというと、

原子を中心にして、電子がその回りをぐるぐる回っているものと思って下さい。

(イメージとしては、地球が太陽の周りを回っているような感じ

原子はすんごい小さいんですが、電子は更に更に小さいです。

そこで、原子をものすごく大きくして、1mmにしました。

さて問題です。

その時、原子から一番近い電子までの距離はどのくらいでしょうか?

答え:約100m

どうですか?

1mmの原子があって、もっと小さい電子は100m先にある。

見えますか?

私が原子だったら、電子見えません。

おーい!本当にいるんかいな~?ってな感じです。

原子と電子ってそんな状態なんです。

つまり、半径100mの範囲の中に

1mmの物体と、更にちっちゃい物体が何個かあるだけ。

想像してみて下さい。

この範囲ほとんど物質がないと思いませんか?

原子と電子って、確かに原子を中心とした構造になっているんですが、

実は、この部分って、ほとんど空間なんです。

99%が空間、つまり空っぽなんです。

その原子と電子が集まって、私達の体は出来ているんです。

ほとんど空っぽの、スカスカの原子や電子が集まって出来ている。

私達の体は、別にスカスカで穴が空いているように見えない。

でも本当は空っぽ♪

物質の不思議で面白いお話でした

« 生きている化石 | トップページ | 岩にしみいる・・・ »

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空っぽ♪:

« 生きている化石 | トップページ | 岩にしみいる・・・ »